FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

任天堂 東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング

dsnou.jpg



東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニングが手に入ったので、最速のレビューをお届けする。
画像はオープニング画面。良くも悪くも1作目とほとんど変わりが無いね。1作目は爆発的に売れ、DSの知名度と売り上げを一気に押し上げたまさにDSの看板ソフトだ。同時に脳系というひとつのジャンルを確立させ、様々な世代から支持を得た功績は大きい。充実した内容の割には実勢価格二千円代前半ということで「名作」に値するソフトだった。そして今年の締めを飾るべく任天堂は第2作目を送り出した。

1作目は「色彩識別」からスタートした。
(1作目詳細は次ページ参照)
2作目は「後出勝負」からスタートする。
これは、「グー」「チョキ」「パー」の
絵柄と共に「「勝て」もしくは「負けろ」との指令が出る。
例えば「グー」の図からで「勝て」だと正解は「パー」。
反対に「負けろ」だと「チョキ」という具合だ。
相変わらず、極めて単純な問題だが
タイムが計測されているので
次々現れる絵柄と指示に真剣に取り組んでしまう。
古典的お遊びの元祖である「じゃんけん」と
21世紀の「最新ゲーム」とが融合した瞬間だ。
相変わらず、切り口と発想がとてもうまいね。

気になった点は
漢字の認識。画数の少ない漢字、
例えば「女」とか「才」の認識率が
いまひとつ良くなかったのが気になった。
筆者の書き方やハードの特性が影響しているのかもしれないが
何回も書き直しを迫られた。
逆に「優」などの比較的画数の多い漢字は一発で認識した。
あと、1作目と同じく脳年齢グラフは2ヶ月間だった。
四季を通じての好不調の波を知るには、
1年程度のグラフが欲しいところだ。

全体的な印象としては
間違いなく1作目の延長線上にあるソフトということだ。
問題の種類は全て刷新されているが
大幅な変更点は無いので、
1作目が楽しめた人は、安心して2作目も楽しめることだろう。
そして今回もバカ売れすることに間違いはないだろう。

満足度 82点


スポンサーサイト
頭脳系 | 2005-12-27(Tue) 23:19:24 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

任天堂 マリオカートDS

mads.jpg


今日12月6日マリオカートDS龍が如くの2本同時購入ができたので早速、レビュー。

前回の「おいでよ どうぶつの森」に続いてWi-Fi対応第二弾となるのが「マリオカートDS」だ。

オープニング画面後、オリジナルのエンブレムが作成できたり、ゲッソー、キラー、にせアイテムボックスといった初登場アイテム、さらにミッションクリア型レースといった斬新なアイデアを盛り込みながらも、これまでのマリオカートの伝統を崩すことなく、誰でもすぐに楽しめるレースゲームになっている。

いい意味で変わりのないソフトである。マリオカートは1992年にスーパーファミコンから登場した。当時から既にきっちりしたゲームの土台が完成していたソフトだ。だからいたずらに大変化をさせる必要はなかったということだろう。

15年近くも前にこのようなコミカルアクションを交えたレースゲームを完成させてしまう任天堂の開発力とアイデアは、やはり凄いと言わざるを得ない。

「おいでよ どうぶつの森」とどちらがお勧めかと言われれば、
ジャンルが全く異なるので答えにくいが、
個人的にはマリオカートDSの方がWi-Fiという環境下であれば楽しめると感じた。

マリオカートは中古市場で値崩れしにくいソフトとしても知られているので、未経験の方はこの機会に買っておかれても決して損はしないソフトだということを付け加えておく。


満足度 通信環境なしの場合 79点
    通信環境ありの場合 89点


未分類 | 2005-12-06(Tue) 23:37:53 | トラックバック:(1) | コメント:(0)

Copyright © ゲーム購入相談室 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。