FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

スクウェア・エニックス ファイナルファンタジーXII

ff12.jpg

ファイナルファンタジーXIIが明日3月16日発売される。
今回のXIIはファミ通で、なんと40点満点を叩き出した。
このことで、XIIは重い十字架を背負ったことになるだろう。
過去のファイナルファンタジーシリーズ
携帯型ゲーム機でも何作か発売されてはいるが、
据置型ゲーム機の代表、プレイステーションシリーズ
普及させた看板ソフトであることには間違いない。
その意味では、今回のファイナルファンタジーXIIは
今後発売されるであろうプレイステーション3
その他の据置型ゲーム機の今後の在り方を
否が応でも左右することになるだろう。
お気軽・お手軽な携帯型ゲーム機の代表格であるDS
バカ売れしている現在、重厚長大ゲームの代表格
ファイナルファンタジーXII
どれだけユーザーに受け入れられるかが注目だ。

これはイイ!、重要だと思ったシステムが「アクティブ・ディメンションバトル」といわれるものだ。これは画面の切り替えや読み込みを挟むことなくバトルがスタートするシステムだ。
読み込みが少ない、つまりユーザーを待たせないというのは
これからのゲームにとって絶対的必要条件である。
DSがここまで売れまくっている理由のひとつは
ゲームボーイアドバンスより画質が向上しているにもかかわらず
ほとんど読み込み時間を気にすることなく、
ゲームそのものに集中できるという瞬発性があるからだ。

ハードがPS2でソフトがDVDという性質上
読み込みを全く無くすことは不可能だが、
最小限に抑えることは可能なはず、と言わんばかりに
スクウェア・エニックスはこの点を重視し、
この部分の開発に相当の時間をかけたと思われる。
現に裏パッケージを見ると、「アクティブ・ディメンションバトル
の文字が一番目に付く中央付近に記載されている。

ff12b.jpg

この点に気付き(気付いている人は多いと思うが)、それを商品化できるスクウェア・エニックスは、やはり大したものだ。

さて、点数の方だがまだプレイしていない状況なので
コメントは出来ない。ゲームがある程度進んだ時に発表します。

。。。その後、忙しくてほとんどプレイできてないな(^_^;)
実際は筆者のような人が多いのではないだろうか。
ゲーム以外にも色々と興味があり
ゲームだけに没頭できる時間があまり取れないという人が。
まぁ、そういう人が増えてきているからこそ
DSのようなライトユーザー向け商品がバカ売れする訳だな。
ただ言える事は、ファイナルファンタジーに代表されるような
大作主義の権化のような作品もきっちり作られていれば、
きっちり売れるだろうってこと。
その理由として、
大画面薄型テレビが今後1型当たり単価が5千円を
割り込んでくることが確実なこと。
数年後には30型~40型のテレビは相当普及していることだろう。
高画質・大画面で見る精密精緻に造りこまれたCGと美しいSEが
織り成す世界は、やはり圧巻の一言である。
これは携帯型ゲーム機では表現しようのない世界である。
その意味では、今回のファイナルファンタジーXII
PS2レベルでは、最高水準まで達していることは間違いない。
内容の方も大作シリーズものにしては
初めての方でも遊べるように、とても親切丁寧に作られている。
新機軸のアクティブ・ディメンションバトル
概して評価出来るものだった。このシステムに慣れてくると
旧作はテンポが悪くてやれないんじゃないか。

実勢価格は7千円代後半ということで、安い商品ではないが
先にも申し上げたように、重厚長大な作品だが
初心者でも遊びやすいよう作られている。
この内容なら、また新たなファンをきっと獲得できるだろう。
ファイナルファンタジーXII
大作作品の意義とこれからの据置型ゲーム機の存在を問う1作だったが
まだまだこの分野は、行けそうだと感じさせる1作だった。

満足度 85点

スポンサーサイト
ロールプレイングゲーム | 2006-03-26(Sun) 11:02:25 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

速報 ニンテンドーDS Lite

ニンテンドーDS Lite発売開始

dslite.jpg

昨年末からDS騒動で任天堂周辺が慌しくなっているが
その件に関しては、後で述べることにして
今回は、一足早くニンテンドーDS Lite
レビューをお届けする。

実際、手にとってみると
思ったほど小さくも、薄くもなっていない
というのが第一印象だ。
まぁ2画面、タッチ画面、ダブルスロット
というスペックを考えれば、
この辺りがギリギリのサイズダウンなのかもしれない。
それを証拠に、ゲームボーイアドバンス用のソフトを
差し込むと若干本体からはみ出る。
従来機のようにはスッキリとは納まらない。

次に外観だが、光沢ある材質で高級感がある。
この辺りの高級感の演出はゲームボーイミクロ開発時の
ノウハウが生きている。
中央にはNintendoではなく
DSのロゴマーク(8のようなマーク)が入っている。
DSがブランドになりかけていると感じさせる。
パワースイッチも従来のボタン式から
スライドスイッチに変わり
少し大きめのPDAに見えるね。

フタを開けてみると、外観とは違い、
内装はプラスチックのような素材でまとめられている。
(コーティングがなされていない状態)
この辺りは少し安っぽいなぁ。。

次に操作性。今回はマリオカートで実験。
ボタンが小さくなった分、従来機と比較して
操作性は少し落ちた感触は否めない。
画面角度は従来機同様の角度が設定できるのだが
MAXまで画面を倒すとL・Rボタン操作時に
画面天板と指がモロに接触する。
神経質な人はかなり気になるかもね。
ハイスコアやテクニックに拘る人には、
従来機のほうが良いかもしれない。

次に画面だが、これは相当に良くなっている。
本当に見やすく美しく画像を映し出す。
例えとしては、適当ではないが
従来機が地上アナログ放送とすれば
Liteは地上デジタル放送だね。
それぐらいの違いがある。
多くのファンはこの画面に心を奪われるだろう。

※本日、ニンテンドーDS Liteの発売日が
クリスタルホワイト以外延期となった。
延期になった各色は次の通り

・アイスブルー(3月11日発売)
・エナメルネイビー(同上)

昨年末から任天堂が失策を繰り返しているのが気になるところだ。
・年末~年始 全国でDS品切れ
・1月中には品薄は解消する見込みとしたが、
全く解消せず現在も品薄。
・そして、今回3色同時発売できず。

今回の2色延期発表で3月2日(木)は、
全国のゲームショップや電気店で
かなりの混乱が予想される。
このことが任天堂のこれからに響かなければ良いが。。。

ハード | 2006-03-02(Thu) 13:53:45 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © ゲーム購入相談室 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。