FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

任天堂 bit Generations[ビットジェネレーションズ] Soundvoyager (サウンドボイジャー)

sv.jpg

任天堂 bit Generations[ビットジェネレーションズ] Soundvoyager (サウンドボイジャー) が発売された。ビットジェネレーションズシリーズ第2弾の中の1本だ。アクション、それも聴覚アクションともいうべき実験性に富んだソフトだ。

ゲームのイメージとしては、
真っ暗な部屋の中で音源を捜しまわるような感覚に近い。
そこにアンビエントなメロディーが重なっていく。

これまで、ゲームの進歩は画像と音声を中心に発展してきた。

余談になるがDSは視覚、聴覚にプラスして
タッチつまり触覚を取り入れたことが画期的なのだ。
人間は視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚の五感を感じることが出来る。
ゲームは2次元世界でいかにヴァーチャルに
その五感を疑似体験させることができるかが
今後もポイントになるだろう。
DSのしゃべる!DSお料理ナビは味覚という感覚に挑戦した第一歩か??

また話が飛んだので戻るね(^_^;)
画像を極限まで簡素化すると、どうなる。。
最終的には何も残らず、暗闇のみが残る。画面の上では真っ暗だ。
だが、そこに音やメロディーを取り入れることによって
不思議な空間を作り出すことが出来る。
サウンドボイジャーは、その逆説とも言えるやり方を
採ることによって、ゲーム性を確立しているのだ。

今から何年も前にエネミー・ゼロというゲームソフトが発売された。このゲームもあえて敵の姿を見せないことによって、ゲーム性を高めていた。エネミー・ゼロが制作上のヒントになったかどうかは分からないが、サウンドボイジャーは、携帯ゲームという極めて限られたスペースの中に小宇宙を感じさせる浮遊空間を作り上げた。
この発想や着眼点は素晴らしいね。

サウンドボイジャーの難点としては
ヘッドフォンが必須と思われること。
微妙な音声のLRを聞き分けるには、
静かな落ち着く環境でしかこのゲームは楽しめない。
精神集中が要求されるゲームだ。
このゲームをヘッドフォンなしに全クリできる者は神認定とする☆

このように少し特殊なゲームなので、
きっと好き嫌いが分かれることだろう。
しかし任天堂には、売り上げ大小にかかわらず
今後もこのような実験的なソフトを定期的に出してもらいたい。

満足度 75点

追記:このゲーム、プレイしている人を端から見ていて
何してるのかさっぱり見当がつかないゲームNo1と認定するw




スポンサーサイト
アクション | 2006-07-31(Mon) 06:00:19 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

任天堂 bit Generations [ビットジェネレーションズ] dotstream(ドットストリーム)

dot.jpg

任天堂 bit Generations [ビットジェネレーションズ] dotstream(ドットストリーム)が先日発売された。

bit Generations [ビットジェネレーションズ] とは
任天堂が「GAMEの原点を見つめ直す」というコンセプトを元に
GBA用(もちろんDSでもプレイ可能)に開発された低価格の
ゲームシリーズだ。
そもそも「ゲームの原点」って何だ!?と思ってしまうが
任天堂によれば、
「単純な点と線で描かれた。。」云々と説明していることから、
どうやら画像に頼っていないシンプルなゲームの事を
指しているようだ。

これを読んだ時、
任天堂は「えらく難しいことに挑戦したもんだ」と思ったね。
何でって、それはごまかしが利かないから。
過激な画像や強烈なSEはゲームを盛り上げるための大切な要素だ。
しかし昨今のゲームではその要素ばかりがクローズアップされて
肝心なゲーム自体の「楽しさ」「面白さ」が
蔑ろにされているのではないか?ということだろう。

だが、その要素に頼らずに面白いゲームを作り上げるのは
やはり大変だろう。
化粧や衣装に頼らずにミスコンに出場するようなもんかな。

1本2,000円といことでPS2のシンプル2000シリーズとかぶるが
どのように差別化を図っていくのか興味深い。
余談だが、
最近はゲーム業界のみならず
玩具業界も低価格で面白いものを出そうという動きが出てきたのは
とても喜ばしいことだ。
例えば、
CCPのエアロウィングスは本当にこれが3,000円!?ってぐらいに飛んでくれる。飛びすぎて消息不明になる(^_^;)

個人的には、企画段階でボツになったような案を
ゲーム化して欲しいと感じる。
製作現場では受けなくても
ゲーマーには最高においしい内容のことだってありえるのだから。
言葉は悪いがbit Generations [ビットジェネレーションズ]シリーズは
「実験台・実験農場」「次世代ゲームクリエイターの登竜門」的な位置づけでも良いと思う。

例えば。。
ネットから集約した情報・意見を元に
任天堂が持ち前のアレンジ力を駆使し、
全く新しいタイプのゲームができるかもしれない。
サンプルを配布して公式HPの掲示板へ
自由な意見を書かせていることからも
今後そのような動向があるかもしれない。。。

おっと!また話が逸れてしまった。
さて本題のドットストリームのほうだが
若干期待はずれかなぁ。
内容としては、レースゲームそれもエキサイトバイクあたりの
クラシカルなゲームを現代風にアレンジしたような感覚だ。
現代風と書いたが音楽に関しては、もろ70年台。
ヴァンゲリスやUKを彷彿とする
プログレッシヴ・ロックのような風情で筆者はここが一番気に入った。
(任天堂さんへ。ムーグやメロトロンも頼みます!!)

満足度 68点



未分類 | 2006-07-17(Mon) 22:51:28 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

任天堂 メトロイド プライム ハンターズ

meto.jpg

メトロイド プライム ハンターズが6月1日発売された。

ソフトは手元にあるが、今日は疲れたのでレビューは後日ねm(__)m


久々にカキコです(^_^;)
ここ1ヶ月、公私にわたり忙しく&体調悪いで
更新できなかったんだ~m(__)m

それにしてもDSは相変わらず売れまくってるな~。
筆者の周りでもここ3日間で2人お買い上げだし。
まぁ任天堂には、FC&SFCの栄光時代にみられた
販売店への強い圧力はやめて、オープンにやって欲しいね。
でないと、再び暗黒が訪れるような気もするのだ。
そーいえば、LITEの方もまだ供給が追いついてないようだしね。
旧DSの中古も非常に高い。ほとんど値下がりしてない。。
任天堂はん、がんばってや。

さて、メトロイドだが今回FPSで登場ということで
「どうかな~。。」と心配したが
FPSとの相性はかなり良い。
たしか初代はディスクカードで典型的な2D画面のゲームだったが
FPSになっても面白さは健在だ。

FPSというジャンル自体は、本来好きなのだが
筆者は3D酔いが激しく長時間できないのだ。
しかしこのDS版メトロイドは画面が小さいためか
ほとんど3D酔いはしなかった。
これが一番ありがたい。
FPSは酔うからダメという人には一度試して欲しい。

あと、PS2やパソコン等で色んなFPSを体験している猛者には
少々物足りないかもしれないね。
任天堂のゲームらしくFPS初心者にもすんなり入りやすい
つまりは間口を広くした作りだけに
コアなファンには色んな部分で粗が目立つだろう。

満足度 
Wifi環境ナシの場合 70点
Wifi環境アリの場合 80点







FPS | 2006-07-07(Fri) 01:42:14 | トラックバック:(0) | コメント:(1)

Copyright © ゲーム購入相談室 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。